Think monye. Think Life.
JNS

What?

JNS Groups

日本物販スクールは、ひとりひとりの人生に、選択肢の広がりを提供するために生まれたビジネススクールです。物販を通して、世の中のニーズや需要と供給のバランスの読み方、資金運用の回し方など、ビジネスの基礎を学ぶことができる場です。

はじめに

講師紹介

スクール案内

受講生の声

HOME & LIFE & MONEY

物販を活動されている方々に、すぐ役立つ、
知ってトクする最新情報と豆知識を発信するブログです

継続力と結果

物販では、なかなか結果が出ずに辞めてしまう方が多いです。この記事では、せどりの新規参入者の方へ向けての内容を紹介しています

仕入れ商品の4つの特徴

せどりにおける仕入れ商品には、主に4つほど特徴があります。この記事では、その4つの詳細について紹介しています

結果を出せる人の特徴

多くの塾生と向き合ってきた中で、結果を出せる人と出せない人の特徴は明確です。この記事では、その内容を簡単にまとめています

Customer's voice

JNSの塾生たちによる当スクールの印象と、
加入後のエピーソードのご紹介しています。

入塾したての頃は、ツールに頼ったせどりに依存しており、収入の限界を感じたときにJNSと出会い変わることができました。収益化するまでは1つ1つの地味な積み重ねでした。

基礎を馬鹿にすることなく、じっくりと丁寧に実力をつけることだけに集中したかげで、今では自分が教える立場となるまで、このJNSで成長することができました。

独学でせどりをスタートさせましたが、仕入れなどで行き詰まり、このJNSに入塾しました。売れる商品の共有などのような1人1人が頭を使わなくなるスタイルではなく、自頭で考え行動させるスタイルが非常に気に入りました。

ベテラン講師陣に沢山の質問し、都度フィードバックを頂きながら、修正し行動を繰り返したことで入塾2ヶ月で月収6万円の壁を突破できました。

もともとアフィリエイトなどの別な事業を手がけており、収益の幅を効かせるためにせどりの業界に参入しました。物販は未知なジャンルであったためJNSへ入塾することを決めました。

安定した収益が出せるようになるまでには沢山行動し、沢山失敗を積み重ねました。他の人よりも行動した量では負けない。そう言い聞かせながら頑張ったからこそ今があります。

School Life

JNSでの風景の一部と、
当スクールの日常の様子を簡単にご紹介します

ロジックでの論理的な理解

価格差だけを追う物販のやり方を私達は教えません。一人一人が経営者目線で目の前のビジネスに取り組み、最終的には自立して、自力で長期で稼ぐことができる人材を育て上げることが最終的な目標です。

1つ1つの地道な積み重ねと、トライアンドエラーの繰り返しで本当の稼ぐ力は身につきます。だからこそ、私達も論理的に物販を教えていきます。

良質な環境整備

JNSでは、講師陣による定例ミーティングが積極的に行われています。塾生一人一人が最短で成長できるためにどんなカリキュラムで、どういう勉強会を開催するべきか?ということを日々議論しています。

塾生一人一人が、目の前の物販ということだけに集中できる環境づくりを徹底してます。

圧倒的なロケーション

当スクールの事務所は、東京オリンピックの選手村が建設される目の前に開設されています。都会の喧騒から少し離れたゆったりとした港町で、勉強会なども定期的に開催しています。

事務所は、塾生のために定期的に開放もしているため、自宅でなかなか集中できない方などには積極的に事務所をご利用頂けるようにご案内しています。

Best Teacher's

JNSの塾生をバックサポートする講師陣のご紹介

Nakamura RYUta

予約転売の第一人者。せどり歴8年以上の経験からくる、論理的な物販術が塾生の間でも人気を評す

Kisita Takumi

Web上での物販の仕入れ術に特化した、ネット支流の次世代型の物販術を得意とする人気講師

FUkuda RYOma

YOUTUBEのチャンネル登録者数3,500人越えの人気講師。関西地方で圧倒的な人気を誇る

JNS Media

JNSでは積極的にメディア活動に取り組んでいます。
主に最近支流のYOUTUBEからTwitter、ブログまで幅広く情報発信をしています。

JNS YOTUBE
CHANNEL
Which is better?
無在庫転売
or 有在庫転売

動画を再生

JNS 公式 SNS

Facebook

日本物販スクール
公式Facebook

Twitter

日本物販スクール
公式Twitter

YouTube

日本物販スクール
公式YouTube